ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

宋文洲のメールマガジンバックナンバー第326号(2017.05.12)

東芝の本当の危機

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 東芝の本当の危機(論長論短 No.294)

2. ソフトブレーングループからのお知らせ(セミナー&最新情報)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1. 論長論短 No.294

東芝の本当の危機
宋 文洲

東芝の惨状は私が説明するまでもありません。しかし、不思議なニュースに皆さんは疑問を感じませんか。決算発表を何度延期しても監査法人の承認が得られず、それでも上場維持できることも不思議ですが、「命の綱」とされた半導体事業を高値で買うアジア企業をわざと避け、既に技術を持つ日米企業への販売に拘っているのです。

その理由は「高度な技術の中国への流出を防ぐため」だと説明されていますが、「そんな高い技術を持っているならば、なぜこんな惨状になるのか」と素直に思いませんか?

私が日本に来た1985年には中国は文化大革命の混乱を収めた直後で、中国の経済と技術は悲惨な状態でした。それでも日本での研究生活を通じてすぐ分かりました。「中国が経済と技術を重視する体制をとれば、先進国との差はすぐ縮められる」と。

理由は日本の上級生や同級生の研究能力です。優秀な人も居ますが、平均的な研究力、特に数学の理論力と外国文献の解読力が著しく低かったのです。

この考察は私の創業につながります。米国で開発された大型計算機で運用する航空機や車の構造解析ソフトを、私はパソコンで土木構造物に簡単に使えるようにゼロから開発しました。この分野において私に勝てる日本人はいないと思いました。

日本になかった便利なソフトである上、従来ソフトの2割の値段で売ったため、東京大学、建設省の研究所、道路公団を含む日本の土木業界殆どに売れたのです。興味のある方は調べていただければすぐ分かりますが、20数年前に私が発売した2D-σや3D-σなどの土木構造解析ソフトはいまだに日本の土木業界で使われています。

「数学と物理の基礎が優れた大学院出身の研究者に5年間の時間と所要の資金を与えればどんな先端技術でもなんとかなる」。これが私の経験から言えることです。

私の別荘の倉庫には今も当時の数式誘導の手書き原稿の一部を保存しています。英語の参考文献を読み漁ってコンピューターのプログラムに使えるように、独自の数式誘導と分解をしなければ、プログラムが作れなかったからです。

一番苦しかったのは自分の数式誘導の結果が部分的に文献と違うことです。わずか一文字、一つの符号が違っても、計算の結果には天と地の差があり、どちらが正しいかは独自の方法で検証しなければなりません。

結局自分がミスした場合が多かったのですが、世界的権威の論文にも何回もミスが見つかりました。作者が書く際のミスなのか、印刷する際のミスなのかは分かりませんが、論文として読む分においては気付かないほどの小さい問題でも製品の開発となればとんでもない間違いをもたらします。

だから高度な技術を使う製品においてはコピーやパクリはあり得ないのです。たとえサンプルがあってもそれを理論基礎から製品の設計、製造とメンテナンスの細部まで理解し、細かいミスも見つけ出す力がなければ、市場に出回る製品になり得ないのです。

東芝の話に戻りますが、かつて東芝はNECや富士通などと同様に多くの先端技術を持っていました。しかし、それは当時の先端であり、米国に教えてもらったものが多く、東芝の技術者でなければ作れないものは皆無です。そもそも初期の東芝はGEの製品を真似して電気掃除機や冷蔵庫を作っていました。外形までそっくりでした。原発事故の原因の一つは東芝製と言いながら、中身はGEに任せたため当時の設計図も残っていないのです。これは東芝が市場価格を遥かに超えた値段で米国の原発会社を買った遠因でもあるでしょう。

東芝の半導体技術はたしかに今のところはまだ中国メーカーをリードしていますが、十分な市場があって儲かると分かれば、中国メーカーは買うか自分で開発するか、方法が違ってもいずれその技術を手にします。東芝は既に同様の技術を持つ米国や日本の企業に売っても当然高く売れません。中国メーカーがそれを高く買うのは時間を買いたいからであって、開発不可能だからではないのです。

残念ながら日本の政治家、官僚と企業家は文系出身が圧倒的に多いのです。研究開発をしたこともない人たちに限って技術を過剰評価するのです。それが技術を自慢しながら経営危機に追い込まれる日本の大手企業の遠因でもあります。危機に瀕しても古い思考回路から出られないことが東芝の本当の危機です。


今回の論長論短へのご意見はこちらへ↓
http://www.soubunshu.com/article/449778571.html

※いただいたご意見は自動的にコメントに掲載されます。名前も掲載されますので、問題がある場合はペンネームをご入力ください。また、次回以降の宋メールでご意見を掲載させていただく可能性がありますのでご了承お願い致します。


【ソフトブレーンfacebook】でも宋メールへのコメントお待ちしています↓
https://www.facebook.com/softbrain.co.jp/

宋のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/sohbunshu

今までの論長論短はこちら↓
http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/list.html

■2.ソフトブレーングループからのお知らせ

<セミナー・研修のご案内>
◆【東京 5/15】
「営業組織力」に関する東京大学との共同研究プロジェクト 最新情報を限定公開。
経営者の掛け声で組織が動く"現場力"に繋がる3因子とは? http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/1jrhdjIGga0D_224572/953061_170512004.html
※こちらは有料セミナーです。

◆【大阪5/18】
マーケティングデータを活用して商談を生み出す
~MAとCRM/SFAの関係を見直そう~ http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/J8QNAdIGga0D_224572/953061_170512005.html

◆【名古屋5/18】
中小企業の経営者・営業責任者の皆様へ
営業が経営をドライブする
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/k9nu3AIGga0D_224572/953061_170512006.html

◆【東京5/22】
3K(経験、勘、根性)に頼らない営業組織になる!
継続的に予算達成するために必要なマネジメントとは
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/2FS44FIGga0D_224572/953061_170512007.html

◆【名古屋5/24】【大阪5/25】
経営課題を解決する実践データ活用セミナー
~BI×CRM/SFA 蓄積した顧客データの活用方法を徹底解説!~
(名古屋)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/06vC2kIGga0D_224572/953061_170512008.html
(大阪)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/5eAYkjIGga0D_224572/953061_170512009.html

◆【東京6/20】
働き方改革のキーワードは「エンゲージメント」と「情報の見せる化」
限られたリソースで受注を3.6倍にする仕組みを公開
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/AefMJ4IGga0D_224572/953061_170512010.html

<その他注目情報>

◆【マーケティング×営業】
営業活動の最大化の秘訣はMA×CRM
獲得したリード(顧客情報)を最大限に活用し、無駄なく効率良い営業活動を!
今までバラバラに存在していたマーケティングと営業データを繋げ、
最も売上に貢献する仕組みをオートメーション化できるようになります
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/h4O8GeIGga0D_224572/953061_170512011.html

◆【BI機能強化】
すべてのデータを経営判断に!
今まで蓄積してきた顧客や案件、日報データを経営判断に十分に役立てていますか?
経営・営業課題を解決するためには、データ活用が不可欠です。
データをフル活用できる『eセールスマネージャーRemix Analytics』がデビューしました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/07eufhIGga0D_224572/953061_170512012.html

◆【中小企業向け】
月額1,000円で利用できる営業支援システム
他社に差をつけて売上アップしたい中小企業の経営者様必見です。
スケジュールや名刺管理だけではなく、案件進捗、予実をリアルタイムに
正確に把握できるようになり売上アップを実現する『eセールスマネージャーnano』の詳細はこちら↓
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/9hxp59IGga0D_224572/953061_170512013.html

◆【AI×ロボット】
Pepperが"人間らしく"おもてなし?!
IBM Watsonを活用した新しい受付・接客アプリ「eレセプションマネージャーfor Guide」
お客様がPepperに「どこに行きたい」、「誰に会いたい」などの用件を伝えると認識し、
電話で適切な担当者を呼び出す、Pepperの音声とタブレットで場所を案内する、
といった自然なコミュニケーションを実現します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3953061/K12b44IGga0D_224572/953061_170512014.html

おわり━━━

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。