ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

宋文洲のメールマガジンバックナンバー第327号(2017.05.26)

胡坐

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 胡坐(論長論短 No.295)

2. ソフトブレーングループからのお知らせ(セミナー&最新情報)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1. 論長論短 No.295

胡坐
宋 文洲

なぜあぐらは「胡坐」と書くでしょうか。ポイントは「胡」にあるのです。

胡椒(コショウ)、胡瓜(キュウリ)の胡です。 中国には胡を使う単語はもっとたくさんあります。
胡琴、胡子、胡説、胡人、 胡同などのどれもがシルクロードに関わるものです。
胡とは西域の外国を指します。

今月、北京では70数か国が集まり、中国が呼びかけたシルクロード貿易の 国際会議が開催されました。
ベトナム、ロシア、トルコなどのユーラシア大陸の 首脳たちが参加しましたが、米国と日本も代表団を派遣しました。

日本人の多くは中国に末期清朝の遅れたイメージを持っていますが、3千年前の 始皇帝以来、中国は大半の時代において世界のGDPの2、3割を作り出し、 ユーラシア大陸やアフリカと盛んに交易を続けてきたグローバル志向の国でした。

昨年11月25日の宋メール(ご参考:TPPは神風にならぬ http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/detail/back315.html)でも申し上げ ましたが、交易の唯一の原則は双方が得することです。
貿易とはA国の余った もの(あるいは得意とするもの)とB国の余ったものが交換され、お互いが 豊かになる仕組みです。
敵国同士さえ貿易するものです。

ここで私が好きな李白の詩を一つ紹介しましょう。
秋歌・李白 長安一片月、
万戸搗衣声 秋風吹不尽、
総是玉関情 何日平胡虜、
良人罷遠征 秋の歌・李白

一面の月光にある長安、家という家から布を加工する音が聞こえてくる 秋風が吹きやまず、彼女が国境にいる彼を思う いつ外敵が平定され、遠征がなくなるだろうか 西安はシルクロードの始点です。
各地から集まったシルクはここで最後の加工を 行い、西域に運ばれて行きます。
長安の人々の多くはこの生産に参加していたでしょう。
国境紛争があっても貿易は続きますが、李白は人々の平和への期待を 詩に託しています。
この詩の中でも「胡」は外国を指します。

「私の工場をフル稼働させれば、中国全体のニーズの8割を供給できます。」

3年前、ジュース最大手を経営する友人が私に自慢ではなく、苦悩として 話したことです。
ジュースのみならず、多くの商品について、中国は過剰な 生産力を持っています。

余った生産力を処理する方法は二つしかありません。
新しい商品を生産するか、 新しい市場に出るかです。
シルクロード沿線の国々は昔から中国の過剰な生産力を 吸収してきた国々です。
当然、中国もこれらの国々から商品や文化を取り込んで きました。
たとえ紛争があってもその貿易を中断することはありませんでした。

それを「胡」に代表された言葉の数々から垣間見ることができます。

中国の歴史では、国を開放し盛んに貿易を行う時は生活が豊かになり文化も 発達しますが、鎖国した時は貧乏になり発展が遅れてしまうのです。

習近平の故郷は西安の近くにあります。彼は生まれた環境から西方にある国々への 愛着と親近感を持っているでしょう。
私がパキスタンに特別な親近感を持つ理由は、 小さい時に新疆に3年間暮らした経験があるからです。
文革が続く中、沿海部の 山東省では聞いたこともなかったパキスタンですが、新疆では使ったタオルまで パキスタン製でした。

3年前、ハーバード大学ビジネススクールを訪ねた時、構内で道を尋ねた女性が パキスタン人でした。
思わず「あなたの国のすぐ近くに3年間住みましたよ」 と言いました。

冒頭は「お互いが得する」という貿易の原則を言いましたが、貿易にはもう一つ 重要な常識があります。
それは距離が近いほど輸送コストがかからないことです。

近所のニーズを避けてわざと遠くの国と交易する商人はいません。
近くの国から 徐々に遠方の国に貿易を広げていくものです。

今月、中国のシルクロード会議の後、ベトナムではAPEC会議がありました。

ついでに開催されたTPP討論会議では米国大代表は明確に「米国は二国間の交渉を 重視する。TPPに戻ることはない」と言いました。
昨年11月25日の宋メールに 書いたようなことを、米国の新政権が早速証明したのです。
米国市場に甘えながら 米国を引き込んで中国に対抗する右翼たちのTPPへの甘い願望は、またも泡となって 消えました。
心が狭い人たちが考える交易はいずれ袋小路に入るのです。

シルクロード交易には昔も今も外交同盟や政治条件がありません。

唯一の原則は「お互いが得し豊かになる」ことです。
仲間も敵も論じません。

あるのは交易だけです。
大勢が集まるのですが、その大勢はあくまでも 一対一のビジネスを展開するために集まるのです。

ちなみにアラブ人たちが商談する時は絨毯に胡坐をかいて行うのです。

交渉同士の二人は袋に手を入れて指を使って値段の交渉を行います。

第三者に分からないように二人だけの「二国間交渉」なのです。

それがあぐらを「胡坐」と書く理由でもありますよ。 急に好きな日本語を思い出しました。「古い○○に胡坐をかくな!」

今回の論長論短へのご意見はこちらへ↓
http://www.soubunshu.com/article/450221443.html

※いただいたご意見は自動的にコメントに掲載されます。名前も掲載されますので、問題がある場合はペンネームをご入力ください。また、次回以降の宋メールでご意見を掲載させていただく可能性がありますのでご了承お願い致します。


【ソフトブレーンfacebook】でも宋メールへのコメントお待ちしています↓
https://www.facebook.com/softbrain.co.jp/

宋のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/sohbunshu

今までの論長論短はこちら↓
http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/list.html

■2.ソフトブレーングループからのお知らせ

<セミナー・研修のご案内>

== Pick Upセミナー ==
★【東京6/21】≪ユーザー企業登壇事例セミナー≫
商談フォロー漏れゼロ!1年で売上192%アップを実現した取り組みとは http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/tokyo_170621.html
==================

◆【名古屋6/2】 残業だらけの営業マンを帰らせろ!
~働き方改革を実現するこれからの企業の在り方~
http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/nagoya_170602.html

◆【名古屋6/8】【大阪6/9】モチベーションアップで社員を劇的に変える!
~生産性UPと働き方改革の推進をドライブ~
(名古屋)http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/nagoya_170608.html
(大阪)http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/osaka_170609.html

◆【大阪6/29】 働き方変革をもたらす「空間×時間」
~オープンな空間とITの導入が可能にする新しいワークスタイルとは~
http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/osaka_170629.html

◆【東京6/20】 働き方改革のキーワードは「エンゲージメント」と「情報の見せる化」
限られたリソースで受注を3.6倍にする仕組みを公開
http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/tokyo_170620.html

◆【東京6/23】 CRM/SFA×BI 国産トップベンダー2社が教える!
売上に繋がる営業データの超実践的活用法
http://www.softbrain.co.jp/seminar/detail/tokyo_170623.html

<その他注目情報>
◆ソフトブレーン活躍社員のインタビューを掲載中!
「営業課題解決コンサルタントが考える仕事の醍醐味」
「SFAメーカーの営業部長が"営業のコア業務"に専念できる環境を作るとこうなった」、他
https://www.wantedly.com/companies/softbrain/post_articles/57014

◆【新刊のお知らせ】
VR(virtual reality/仮想現実)元年と呼ばれた2016年を経て、産業界の注目を 集めるVR技術。
このたび同技術のパイオニア企業、㈱フォーラムエイト代表・ 伊藤裕二によるVRの決定版書籍『VRインパクト』が発売された。
企業はVRを どのように活用すべきなのか?そしてVRには一体何ができるのか?トヨタ、 竹中土木など実際の導入事例も同時収録。知らずにはいられない技術がわかる、 ビジネスパーソン必読の一冊。
https://www.amazon.co.jp/dp/4478084157/ref

◆【中小企業向け】月額1,000円で利用できる営業支援システム
他社に差をつけて売上アップしたい中小企業の経営者様必見です。 スケジュールや名刺管理だけではなく、案件進捗、予実をリアルタイムに 正確に把握できるようになり売上アップを実現する『eセールスマネージャーnano』の詳細はこちら↓
http://www.e-sales-nano.jp/

◆【AI×ロボット】Pepperが"人間らしく"おもてなし?!
IBM Watsonを活用した新しい受付・接客アプリ「eレセプションマネージャーfor Guide」 お客様がPepperに「どこに行きたい」、「誰に会いたい」などの用件を伝えると認識し、電話で適切な担当者を呼び出す、Pepperの音声とタブレットで場所を案内する、といった自然なコミュニケーションを実現します。
http://www.e-sales.jp/erm/for_guide.html

おわり━━━

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。