ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

宋文洲のメールマガジンバックナンバー第325号(2017.04.28)

北朝鮮の行方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 北朝鮮の行方(論長論短 No.293)

2. ソフトブレーングループからのお知らせ(セミナー&最新情報)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1. 論長論短 No.293

北朝鮮の行方
宋 文洲

鴨緑江は中国と北朝鮮の国境の川ですが、私は鴨緑江の中国側の岸に5歳まで住んでいました。朝鮮側の家や人が見えますし、鶏や犬の鳴き声も聞こえます。冬には川が凍るため、両国の住民は一緒に鴨緑江の氷の上でスケートを楽しんだり、氷に穴を開けて釣りをしたりしていました。

野生のサクランボや桃や葡萄などは美味しかったですし、川の魚やエビも美味しかったです。そんな中、我が家が飼っていた豚が夜中に狼に食べられた時のことは一生忘れません。犬が吠え、父が兄を連れて犬と一緒にその狼を追い払ったのですが、私は布団の中に隠れて騒ぎを聞いているだけで恐ろしかったです。

中国側に住む住民のうち4割近くは朝鮮族です。私の印象では、朝鮮族の女性は明るくて働き者です。朝鮮族のお盆祭りに初めて招待された時、畳に上がり、茶碗蒸をごちそうになりました。お盆祭りというのはお盆をたたきながら輪になって踊るものでした。

川岸の一面に咲く黄色の花畑で朝鮮族の女の子と隠れんぼした時の思い出、そして彼女のお父さんの漁船に一緒に乗った時の思い出は今も鮮明に脳に浮かびます。

たぶん世界中の人々にとって北朝鮮という固有名詞が出てくると、金一家三代の世襲専制や洗脳された軍隊と住民と処刑、暗殺などのイメージが浮かびますが、私には私達と少し文化が違うだけの優しい住民たちの印象を消し去ることができません。

1969年のある日、そんな自然に溢れて美しい我が家から我々家族が追い出されます。理由は中ソ関係が悪化し、ソ連寄りの北朝鮮に警戒する必要があったからです。それまでに見たこともない軍隊が国境にやってきて対岸を監視するようになりました。

山東省の田舎に戻る前、汽車に犬を乗せてはいけないとの理由で家族で泣きながら犬を近所の方に預けました。しかし、犬は見捨てられたと気付き、無人の我が家に戻って飲食を拒否して亡くなりました。あれ以来、我が家はもう犬を飼うことはありませんでした。結婚して自分の家族を持った私も犬を飼うことはありませんでした。

生まれ故郷の山東省に戻って少し大きくなった時、私は家に遊びに来る、朝鮮戦争に参戦した村のおじさんの話に興味を持ちました。あの鴨緑江を渡った時の寒さや食料供給が足りない時の辛さ、米軍空爆の激しさなどをよく聞かされました。「全身に墨を塗ったような米兵」(黒人兵)を俘虜にとったこともあるというのです。私に平和で美しい思い出をくれたあの国境ですが、その当時からたった10数年前に戦争(1950-1953)があり、はるばる米国のケンタッキー州や中国の山東省から参戦する人がいたとは、想像もつきませんでした。

大人になり冷戦が終わった頃から、北朝鮮は完全に大国の都合でできた国で、大国の都合に翻弄された国だと思うようになりました。金日成は中国の東北で抗日ゲリラに参加し、ソ連軍の権威を借りて北朝鮮の指導者の座に着きました。その後、ソ連の支持を得て韓国に侵攻したのですが、米韓の反撃で鴨緑江まで追い詰められました。

国境に近付く米軍を嫌って、中国が派兵して米軍をソウル以南に追い返しましたが、最後に38度線で膠着して停戦しました。この時、私が生まれた村のおじさんは死なずに故郷に復員したことになります。

1969年、中国はソ連と決裂し、国境で戦争状態になりました。北朝鮮はソ連寄りの姿勢を取ったため、中国は北朝鮮が背後から攻めてくるのを心配して再び国境に軍隊を派遣しました。この時、私達家族は退去を求められ、山東省の田舎に追い返されました。

北朝鮮の歴史は大国によって翻弄された歴史であると同時に、大国間の不和と矛盾をうまく利用し、国際政治の狭間で生き延びた歴史です。よく考えてみれば我々民衆も大国の都合で翻弄されていました。

北朝鮮の現状を見て腹が立ってすぐにでも何とかしたいと思う気持ちもわかりますが、北朝鮮ができたのは日本を含む大国の都合でもあることは忘れてはいけません。また、北朝鮮の問題を解決する際、北朝鮮とその周辺の地域に昔の我が家と同様の住民がたくさんいることを忘れてはいけません。

100年は歴史の中では一瞬です。北朝鮮の体制がどうなっても、北朝鮮とその周辺地域の住民の暮らしは続きます。戦争はすぐ終わりますが、住民の暮らしは永遠に続きます。戦後処理を考える冷静さと余裕がないならば、開戦は自殺です。


今回の論長論短へのご意見はこちらへ↓
http://www.soubunshu.com/article/449348821.html

※いただいたご意見は自動的にコメントに掲載されます。名前も掲載されますので、問題がある場合はペンネームをご入力ください。また、次回以降の宋メールでご意見を掲載させていただく可能性がありますのでご了承お願い致します。


【ソフトブレーンfacebook】でも宋メールへのコメントお待ちしています↓
https://www.facebook.com/softbrain.co.jp/

宋のTwitterはこちら↓
http://twitter.com/sohbunshu

今までの論長論短はこちら↓
http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/list.html

■2.ソフトブレーングループからのお知らせ

<セミナー・研修のご案内>

■2.ソフトブレーングループからのお知らせ

<セミナー・研修のご案内>
◆【大阪5/10】
生産性向上に営業支援システム(CRM/SFA)がなぜ有効なのか?
IT導入補助金(最大100万円)が活用できる今こそCRM/SFA導入のチャンス!
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/a1ro1aI3gqaD_224572/847676_170428005.html


◆【東京5/15】
お客様は「ナニ」にお金を払うのか?
顧客満足度を高める営業組織の作り方
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/K4Qu3CI3gqaD_224572/847676_170428006.html


◆【大阪5/18】
マーケティングデータを活用して商談を生み出す
~MAとCRM/SFAの関係を見直そう~
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/7kORBFI3gqaD_224572/847676_170428007.html


◆【名古屋5/18】
中小企業の経営者・営業責任者の皆様へ
営業が経営をドライブする
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/HCyD9dI3gqaD_224572/847676_170428008.html


◆【東京5/22】
3K(経験、勘、根性)に頼らない営業組織になる!
継続的に予算達成するために必要なマネジメントとは
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/G9YtbFI3gqaD_224572/847676_170428009.html


<その他注目情報>

◆【モバイル活用展5/10~12】『Japan IT Week』開催間近!
Appleデバイスの一括管理を実現する『Jamf Pro』のデモ体験など働き方改革についてご提案致します!招待券希望の方は以下からご連絡下さい!
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/G00YD1I3gqaD_224572/847676_170428010.html


◆【マーケティング×営業】営業活動の最大化の秘訣はMA×CRM
獲得したリード(顧客情報)を最大限に活用し、無駄なく効率良い営業活動を!今までバラバラに存在していたマーケティングと営業データを繋げ、
最も売上に貢献する仕組みをオートメーション化できるようになります。http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/cd783aI3gqaD_224572/847676_170428011.html


◆【BI機能強化】すべてのデータを経営判断に!
今まで蓄積してきた顧客や案件、日報データを経営判断に十分に役立てていますか?経営・営業課題を解決するためには、データ活用が不可欠です。
データをフル活用できる『eセールスマネージャーRemix Analytics』がデビューしました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/k6qNFbI3gqaD_224572/847676_170428012.html


◆【中小企業向け】月額1,000円で利用できる営業支援システム
他社に差をつけて売上アップしたい中小企業の経営者様必見です。
スケジュールや名刺管理だけではなく、案件進捗、予実をリアルタイムに
正確に把握できるようになり売上アップを実現する『eセールスマネージャーnano』の詳細はこちら↓
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/12ITjGI3gqaD_224572/847676_170428013.html


◆【AI×ロボット】Pepperが"人間らしく"おもてなし?!
IBM Watsonを活用した新しい受付・接客アプリ「eレセプションマネージャーfor Guide」
お客様がPepperに「どこに行きたい」、「誰に会いたい」などの用件を伝えると認識し、電話で適切な担当者を呼び出す、Pepperの音声とタブレットで場所を案内する、といった自然なコミュニケーションを実現します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/3847676/DEZxcgI3gqaD_224572/847676_170428014.html

おわり━━━

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。